脳神経内科

当科の概要

当科は、麻痺・ふるえ・けいれん・頭痛・めまい・しびれ・認知障害などの症状でお困りの患者さんの診療を行います。臓器としては、脳・脊髄・末梢神経・筋肉の異常によるもので、疾患としては、脳炎・髄膜炎などの感染症、パーキンソン病・脊髄小脳変性症・筋萎縮性側索硬化症などの神経変性疾患、重症筋無力症・多発性硬化症・ギラン-バレー症候群・慢性炎症性脱髄性多発神経炎などの神経免疫疾患、そのほか筋炎、けいれん、片頭痛など多岐にわたります。

診察室での問診、診察が重要ですが、検査としては、CTやMRI、シンチグラフィーなどの画像診断、末梢神経伝導検査や大脳誘発電位、針筋電図、脳波などの電気生理学的検査、筋・神経の病理学的検査を必要に応じて行い、診断に役立てます。神経炎症性疾患、痙攣などの神経救急疾患はもとより、神経変性疾患や各種自己免疫疾患の長期間にわたる専門的治療も行います。

当科の特徴

当科では1973年の当院開院当初から神経・筋疾患の専門科として地域のニーズに応じた診療実績があり、2016年度までは脳卒中患者も含め入院数が年々増加して年間800人以上にのぼりました。循環器・脳卒中センターを備えた病院であるため多くの脳卒中急性期の患者さんを診療してきましたが、当科入院の半数以上は脳卒中以外の疾患の患者さんでした。

2017年度からは、脳神経内科と脳神経外科が協力しより高度で専門的治療を行う脳卒中科を新設したのに伴い、当科では主に脳卒中以外の神経・筋疾患を対象に診療にあたっています。多くは緊急入院ですが、神経・筋疾患の検査・治療のための予定入院の診療にもあたります。脳卒中科や脳外科、近隣の医療機関とも緊密に連携しています。

地域連携について

当科は、神経救急・神経難病・高度医療を要する患者さんの医療を重点的に行っています。急性期の検査・治療の後、患者さんがスムーズに退院できるよう、院内ケースワーカーを交えて退院後の生活の御相談をします。かかりつけ医やケアマネージャー、訪問看護師、市町村の保健師などとのネットワークの一員として在宅療養の支援をいたします。

一方、直接自宅への退院が困難な方については、回復期リハビリテーションや安定した療養など、それぞれの患者さんにふさわしい転院先をご紹介いたします。

診察時間


午前
佐藤 晶
(第1,3,5週)
【新患】
勇 亜衣子
(第1,3,5週)
【新患】
横関 明子
(第1,3,5週)
【新患】
(頭痛外来)
交代制
【新患・再来】
坂田 佑輔
(第1,3,5週)
【新患】
中村 航世
(第2,4週)
【新患】
五十嵐 修一
(第2,4週)
【新患】
小出 眞悟
(第2,4週)
【新患】
坂田 佑輔
【第1,3,5週】
(再来)
他田 正義
(第2,4週)
【新患】
午後
五十嵐 修一
【再来】
新保 淳輔
(第1,3,5週)
【再来】
他田 正義
(第1,3,5週)
【再来】
中村 航世
(第2,4週)
【再来】
佐藤 晶
(第1,3,5週)
【再来】

勇 亜衣子
(第2,4週)
【再来】
横関 明子
(第2,4週)
【再来】
小出 眞悟
(第2,4週)
【再来】

診察スタッフ


五十嵐 修一
役職 副院長
卒業年 昭和63年
認定資格 日本内科学会認定内科医・総合内科専門医
日本神経学会専門医・指導医・代議員
日本脳卒中学会専門医
日本頭痛学会専門医・指導医
佐藤 晶
役職 科部長
治験管理室長
卒業年 平成元年
認定資格 日本内科学会認定内科医・総合内科専門医
日本神経学会専門医・指導医・代議員
日本脳卒中学会専門医
他田 正義
役職 科副部長
副センター長
卒業年 平成9年
認定資格 日本内科学会認定内科医・総合内科専門医
日本神経学会専門医・指導医
新保 淳輔
役職 科副部長
副センター長
卒業年 平成11年
認定資格 日本内科学会認定内科医・総合内科専門医
日本神経学会専門医・指導医
日本脳神経血管内治療学会専門医
日本脳卒中学会専門医
横関 明子
役職 科副部長
卒業年 平成15年
認定資格
関谷 可奈子
役職 医長
卒業年 平成18年
認定資格 日本内科学会認定内科医・総合内科専門医
日本神経学会専門医
坂田 佑輔
役職 医長
卒業年 平成22年
認定資格
高橋 真実
役職 医師
卒業年 平成25年
認定資格 日本内科学会認定内科医
中村 航世
役職 医師
卒業年 平成28年
認定資格

受診予約
センター
TEL.025-281-6600[平日]
急患外来TEL.025-281-5151

〒950-1197 
新潟市中央区鐘木463番地7