看護部の紹介


看護部長のメッセージ
看護部理念・概要
看護体制
クリニカルラダー
新人看護師の教育体制
専門看護師・認定看護師

看護部長のあいさつ


新潟市民病院 副院長(看護部長) 肥田野 幸子

看護部の教育理念は、質の高い看護サービスを提供できる人間性豊かで自律した看護職員の育成です。目の前の患者さんにとって「最善は何か」を考え行動できる看護職を求めます。専門職として役割を果たすための知識や技術、アセスメント能力を身に付けていけるように、教育・研修に力を入れています。 チーム医療を推進するため、患者さんやご家族はもちろん、周囲と良好なコミュニケーションを図りながら、看護ケアを探究できる私たちでありたいと願っています。そのために自分ができることは何かを考え、発信し、改善につなげることで、やりがいとともに互いに成長できる組織づくりをめざします。 安全で安心な質の高い医療を推進することは患者さんだけでなく、この病院で働く私たちの願いでもあります。常にケアの根拠を問い、一歩踏み込んだ看護を展開し、時代や環境の変化を察知しながら、看護の水準を維持してまいります。

    新潟市民病院 副院長・看護部長 肥田野 幸子

看護部の理念・概要


看護部の組織図


看護体制

看護方式

一部パートナーシップ導入による、チーム固定式看護提供

看護体制

三交代制

クリニカルラダー

クリニカルラダーは看護師の能力開発・評価システムの1つであり、看護師の能力を段階的に表し、各段階において期待される能力が示され、到達度によって看護師の能力が評価されるシステムです。


新人看護師の教育体制

チーム支援型、チューターシップ体制をとっています。

「チーム支援型」とは

スタッフー人一人が教育方針に則り、全員で新人看護職員の教育·支援する方法を 「チーム支援型」と言います。
<看護師長>は、新人看護職員他全スタッフの状況を把握し、全体を統括しています。
<副看護師長>は、看護実践者のモデルであり、メンタルヘルスサポートを行います。
<新人教育担当者>は、各部署で実施される研修の企画·運営を中心となって行います。
看護体制は、一部パートナーシップ導入による、チーム固定式看護提供です。日勤帯は先輩看護師とペアを組んでケアを行います。
看護実践についてはペアを組む先輩看護師が主な指導者となります。新人看護職員も大切なパートナーの一員です。

「チューターシップ体制」とは

「チューターシップ」体制とは、各新人看護職員に決まった相談相手(チューター)を配置し、相談や支援を行う体制です。
<チューター>は、新人看護職員の「メンタル面のサポート」「日常のアドバイス」を行います。

専門看護師・認定看護師

現在23名の看護師が認定を受け、院内で活動しています。

老人看護 1名

認知症や嚥下障害などをはじめとする複雑な健康問題を持つ高齢者の生活の質を向上させるために、高齢者の意思を尊重し、最期まで“その人らしく”過ごせるように支援します。患者さんやご家族、医療チームと関わりながら、病棟看護師と共に患者さんのケアを考えています。

集中ケア 3名

重症な患者さんのケアを行うとともに、重症化を防ぐケアや急変を予測するアセスメントにも力を入れています。また呼吸サポートチームの一員として、呼吸に問題を抱えた患者さんのケアを病棟看護師と共に考えています。

感染管理 2名

患者さんやご家族、院内で働く全ての人々を感染から守ることが役割です。手指衛生の向上をはじめとした感染予防策の実施、教育・啓発を行い、全ての職員が適切な感染対策を実践していけるように働きかけています。HIV診療における看護ケアの実践や一類感染症、二類感染症などの特殊な感染症診療が安全で安心な診療が行えるように支援、調整を行っています。

救急看護 2名

救急医療を必要とする患者さんやご家族に寄り添い、ぬくもりのある救急看護が提供できるように、院内外を問わず啓発活動を行っています。予期せぬ心肺停止の患者さんに対応できるように救急蘇生法や応急処置の講習会を開催しています。急変予防や予測を目指して、急変現場を模擬体験しながら患者さんの容態変化の観察や対応を楽しく学べる「院内メディカルラリー」の企画・運営を行っています。また、災害発生時、直ちに対応できるように、訓練や教育活動を行っています。

小児救急看護 1名

子どもの救急場面において、後遺症のない救命に向けて指導や支援を行っています。また、院内外を問わず小児BLSの研修会を実施し、小児救急における質の向上に努めています。子どもが健やかに育つことができるよう、また、現代の育児環境の変化による、子どもと家族の多様なニーズや問題に対して、支援を行っています。

皮膚・排泄ケア 2名

褥瘡の予防と早期治療を目指して病棟を巡回し、ケア相談にのっています。また、失禁に伴う皮膚トラブルや創傷管理など、スキンケア全般に関してのケア相談も行っています。ストーマ外来では、ストーマを持った方々が一日でも早く安心して日常生活を過ごせるよう支援しています。

手術看護 1名

手術医療の高度・複雑化、高齢化に伴い、複数の合併症をもつ患者さんが増えてきています。手術看護認定看護師として、安全な手術を提供することが最大の責務であり、手術を受けられる患者さんおよびご家族が安心していただけるよう、専門的知識・技術と優しさをもって日々実践しています。

新生児集中ケア 2名

早産や疾患を持って生まれた赤ちゃんが母体外環境に適応できるよう、ストレスのないケア環境に努めています。また両親やきょうだいが赤ちゃんとの家族関係を良好に築けるようファミリーセンタードケアも大切にしています。赤ちゃんが後遺症なく一日も早く退院できるよう多職種と協働し支援しています。

がん化学療法看護 1名

がん化学療法看護は、がん薬物治療を行う患者さんやそのご家族が安全に安心して治療を継続できるように副作用対策やセルフケア支援などを行います。また、がんと向き合うなかでの不安やつらさなどに寄り添い、その人らしい生活を送ることができるよう支援します。

乳がん看護 1名

乳がんと診断された時から、様々な治療(手術療法、放射線療法、化学療法、内分泌療法)に伴うケアを通して、患者さんやご家族の不安の軽減を図り、心理的サポートを行います。また、多様化している治療選択に必要な情報提供を行い、その人らしい生活が送れるよう支援します。

糖尿病看護 1名

糖尿病を抱え生活をする方やそのご家族が、糖尿病の悪化を防ぎ、病状に応じた生活が続けられるよう一緒に考えます。生活に合わせた血糖コントロール方法の相談を受けたり、合併症の一つでもある足壊疽を予防するためのフットケアを行います。そして生涯続くセルフケアや療養生活の支援を行います。

緩和ケア 2名

がんと診断された時から、治療と並行した緩和ケアを行います。患者さんの身体的苦痛だけでなく、精神的、社会的、スピリチュアルな苦痛にも対応し、QOLの維持・向上を目指して、その人らしい生活が送れるように一緒に考えます。患者さんやご家族の価値観を大切にし、意思決定支援を行います。

摂食・嚥下障害看護 1名

安全に口から食べるために必要な口腔ケアや嚥下訓練など、専門的知識や技術の院内啓発及び指導を行います。医師、歯科医師やリハビリセラピスト、管理栄養士など他職種と連携し、患者さん・ご家族の思いに寄り添った看護を実践しています。また、入院中だけでなく退院後の在宅生活で合併症を予防し、安全に「口から食べること」ができるように地域連携を図り、患者さんのQOLの維持・向上を目指しています。

認知症看護 2名

認知症のある患者さんにとって入院生活は、周囲の急激な変化と、疾患や治療による身体の変化や痛みにより、混乱や不安を生じやすい環境です。認知症ケアの専門知識を基に、意志や感情を言葉で表現することが難しい患者さんが必要としているケアについて考え、一人ひとりにあった治療と生活環境の調整を実践していきます。また、患者さんとそのご家族が抱える生活の困難さに寄り添った支援ができるよう、当院スタッフの認知症の理解とケアの質の向上に取り組んでいます。

がん放射線療法看護 1名

放射線治療科初診時より看護師が同席し、放射線療法に対する不安や疑問な点が軽減できるように情報提供を行い、また、治療選択に関する意思決定の支援をします。
患者さんやそのご家族が、安全で安心して治療を完遂できるように副作用対策やセルフケアを一緒に考え、その人らしい生活が送れるように他職種と協働しながらサポートしています。


出向研修します


出向研修について、ご要望がありましたら、ご相談に応じますので、下記にお問い合せください。

問い合わせ先

〒950-1197
新潟県新潟市中央区鐘木163-7
TEL 025-281-5151(代表)
新潟市民病院 看護部管理室 担当:大島


受診予約
センター
TEL.025-281-6600[平日]
急患外来TEL.025-281-5151

〒950-1197 
新潟市中央区鐘木463番地7
TEL.025-281-5151