予約センター025-281-6600(平日)
急患外来025-281-5151

放射線技術科

放射線技術科の紹介

 放射線技術科では、X線撮影や血管撮影・乳房撮影・CT・骨密度検査などX線を使った検査、放射線医薬品を使った核医学検査、強い磁力を利用したMRIといった各種検査の他、放射線を患部に照射し治療する放射線治療を行っています。
 私たちは専門的知識を高め、患者様に安全でより質の高い医療を提供できるように努めています。

認定・専門技師

  • 放射線取扱主任者:野島正巳、金子満、小川大介
  • 医学物理士:高橋春奈、小川大介
  • 放射線治療品質管理士:金子満
  • 放射線治療専門放射線技師:吉岡斉、金子満
  • 血管撮影・インターベンション専門放射線技師:成田信浩、水澤康彦
  • 救急撮影認定技師:成田信浩、神田英司、小浦方肇、渡辺康夫、沼澤武史
  • X線CT専門認定技師:神田英司、本間謙治
  • 検診マンモグラフィ撮影認定診療放射線技師:松之木真依子、齋藤明美、塩谷綾香、岡純子
  • 医療情報技師:沼澤武史、渡辺康夫
  • 医療画像情報精度管理士:沼澤武史

施設認定

  • 全国循環器画像研究会 被ばく線量低減施設認定
  • 日本救急撮影技師認定機構 指定実地研修施設

高度な検査と治療が可能な機器のご紹介

 MRI撮影検査室

 MRIとは核磁気共鳴画像法(Magnetic Resonance Imaging)の略で、強い磁石と電波によって人体の断層像を撮影します。断層画像という点ではX線CTと一見よく似た画像が得られますが、CTとは全く異なる物質の物理的性質に着目した撮影法のため、CTで得られない情報が多く得られます。
 利点として放射線による被爆の心配がない、造影剤を用いなくても血管だけの画像が撮像できる、骨によるアーチファクトが少ないなどがありますが、欠点としては検査時間が長い、装置が狭く、閉所恐怖症患者や小児に強い恐怖心を抱かせる、装置の発する騒音が大きいなどが上げられます。また、MRI検査は強い磁石を使用している為、心臓ペースメーカーやその他磁気に反応する金属が体内にあると、検査を受けられない場合があります。
 MRI検査が有効な疾患には脳の疾患、ヘルニアなど脊椎系の疾患、骨軟部腫瘍、四肢、関節の損傷、子宮、卵巣の異常、前立腺の疾患などがあります。 検査時間は約30分~50分程度で、検査の内容によって変わりますが、患者さんには筒状のトンネルの中にベッド上で仰向けに寝ていただきます。MRI装置 当院で稼動しているMRI装置は、1.5T(テスラ)と3.0Tの磁場強度です。MRI検査では磁場強度が高くなる事によって得られる信号も高くなるという特徴があり、新病院になってから稼動している3.0T-MRI装置では、これまで稼動していた1.5T-MRI装置に比べ画質も向上し、特に、脳や脊椎、関節などでは3次元のデータ収集を行うことにより、1回の撮像で任意の方向から病変部を観察できるようになり、より精細な検査が可能となっています。

 CT検査室

 CT装置はX線を体の周囲で回転させながらあてて、輪切りの画像を作って観察する検査です。MRI検査に比べると検査時間が短いこと、過去の手術などで体内に金属がある方でも受けることができ、交通事故や脳卒中など救急外来での緊急を要する患者さんに対する検査や一般外来からの精密検査など、いろいろな疾病に対して威力を発揮しています。 当院では移転に伴い、旧病院での2台(6列と16列)に加えて新しく64列MSCT2台を追加した計4台のCTが稼動しています。昨今、新聞やニュースでマルチスライスCT(以下、MSCT)という言葉をお聞きになることがあると思います。CT撮影装置MSCTとは体を透過してきた放射線を測定する部分が回転軸に対して複数列になっているCTを指し、列数が多ければ、広い範囲をより短時間で撮影できるようになっています。 今回、2方向からX線を同時に出して撮影する装置(2管球CTといいます)が全国で13番目に設置されました。64列CT2台分の部品が1つの装置になっていて通常検査はもちろんのこと、最近話題の心臓に栄養を与える血管(冠動脈)や頭の血管、体全体に血液を送る血管(大動脈)を立体的に観察する検査(3DCT)の精度が向上し、心疾患や脳卒中に対する精密検査として大いに有効活用されています。

 血管撮影検査室

新設された循環器・脳卒中センターを支える部門として、もっとも充実した設備・装置を完備したのが血管撮影部門です。血管撮影装置循環器系血管撮影装置が2台、脳外、消化器系血管撮影装置が2台の計4台となり県内では最大規模です。 特に、この度導入された同時2方向撮影可能な頭腹部血管撮影装置は、脳外科領域での動脈瘤や血管の狭窄などを“メスを使用しない手術”と言われるカテーテルを使用し治療する[血管内手術]に大変有効となっております。 高精度、高機能の撮影装置導入により正確性が向上し手術時間の短縮にも繋がっており、患者様の安全性がより向上しました。 循環器・脳卒中センターのオープンと共に、今まで以上に緊急検査が増えましたが、以前のように緊急の患者様や検査予定の入院患者様をお待たせする事がほとんどなくなり、24時間あらゆる血管撮影および手術に対応できるようになりました。 スタッフも各科ドクターをはじめ、看護師、臨床工学士、放射線技師と高い専門性を有しており、患者様が安心して検査治療が受けられるよう、一丸となってチーム医療に取り組んでおります。

 放射線治療室

放射線治療とは、病気の細胞に放射線があたると徐々に死滅していく効果を利用します。病巣だけに効果的に放射線が当たるように放射線の種類や強さを選び、正常細胞を出来るだけ傷つけず治療することを目的としています。
 H27年11月、治療装置の更新に伴い、最新の放射線治療システムによる放射線治療が行えるようになりました。新しい治療装置はエレクタ社のInfinity(インフィニティ)という装置を導入しました。
 新しい放射線治療システムは画像照合システムを備えています。従来の治療装置では、放射線リニアック治療を行う部位の位置合わせは、患者さんの皮膚につけた印と治療室の壁からのレーザーの光が一致するようにして行っていました。新しい治療装置では、患者さんに治療の寝台に寝ていただいた状態で、骨のX線写真またはCT画像を撮影し、これらの画像と治療計画CTから作った画像を重ね合わせ、照射部位のずれを確認します。その後、高性能の寝台により高さや角度・傾きを修正することで、非常に高い精度で照射を行うことが出来るようになりました。
 

 核医学検査室

核医学検査室では、放射性同位元素を利用して検査や治療を行っています。
 検査は、微量の放射線(ガンマ線)を放出する放射性同位元素を含んだ少量の薬(これを放射性医薬品といいます)を注射などによって体内に投与し、放射性医薬品が取り込まれた臓器や病変部から放出されるガンマ線を検査装置で撮影して画像にしています。核医学検査で使用する放射性医薬品は、放射性同位元素の中でも寿命の短いものを利用し、検査に必要とされる量だけを投与していますので、安心して検査を受けていただけます。検査の撮影時間や前処置などは、たくさんの検査の種類があるため様々です。
 核医学検査の特徴は、主に臓器の働き具合(機能)を調べることができる所にあります。CT検査やMRI検査は、主に形態や位置、大きさを調べることができますので、必要な検査を組み合わせて行うことにより効果的な治療方針を決定し、その効果を判断することができます。
 当院では、核医学検査装置であるSPECT装置が2台稼働しています。毎日様々な検査が行われていますが、主に骨の病気を診断するための骨シンチグラフィや、脳の機能的異常を検査する脳血流シンチグラフィ、狭心症などの評価のために行う心筋血流シンチグラフィな血管撮影装置どを行っています。これらの検査は、歴史のある検査であり以前から多くの施設で行われています。この他にも、ドパミン神経の変性・脱落の程度を評価する線条体シンチグラフィや、神経内分泌腫瘍の診断のためのソマトスタチン受容体シンチグラフィといった、近年開始された新しい検査も行っています。
 核医学は、放射性同位元素を検査だけでなく治療に利用することもあります。当院では、血液の病気に対する治療の一つであるRI標識抗体療法を行っています。放射性医薬品を用いて検査を行い、治療の適応を判断します。治療に使用される放射性同位元素は、検査で使用されるガンマ線ではなく、ベータ線とよばれる放射線を放出します。このベータ線を利用して病変にダメージを与えます。
 このように、新潟市民病院の核医学検査室は様々な放射性医薬品を利用して検査・治療を行っています。