予約センター025-281-6600(平日)
急患外来025-281-5151

臨床工学科

心臓カテーテル室

 心臓血管撮影室で主な業務は行われています。成人・小児心臓カテーテル検査・治療、電気生理学的検査、ペースメーカ・ICD植込み等が行われており、これらの検査、治療に使用される全ての医療機器の操作、管理を行っています。
 急性心筋梗塞の患者さんなどで昼夜を問わず緊急の検査、治療を行っているため、緊急時呼出しにも対応し医療技術提供を行っています。
成人心臓カテーテル検査
主に狭心症や心筋梗塞、弁疾患など、循環器系の疾患の患者さんにこの検査を行います。カテーテルといわれる細い管を使用して、心内圧測定、冠動脈造影、心室造影、大動脈造影など行い医師が診断します。ポリグラフの操作、造影剤自動注入器の操作などが主な業務です。
EPS・アブレーション
EPS(電気生理学的検査)・アブレーション(心筋焼灼術)を行います。徐脈性不整脈に対する電気伝導性、頻脈性不整脈に対する起源の特定といった検査が行われ、頻脈性不整脈の治療の一つとして不整脈起源や電気の通り道を焼杓(アブレーション)する事により、電気的な悪路を絶つといった治療が行われています。臨床工学技士は検査・治療に立会い、生体モニタリングの他に心内電位の記録及び計測、電気刺激装置・3Dマッピングシステム・焼杓装置など外部機器全般を操作しています。
小児心臓カテーテル検査
先天性心疾患や川崎病の診断を行い、手術適応の判断や術後のフォローアップを行います。また治療として心房中隔欠損症や動脈管開存症にはカテーテルを用いてアンプラッツァーやコイルといった閉塞用の治療具を植え込む他、肺動脈・大動脈及び肺動脈弁の狭窄に対してバルーン拡張術が行われています。臨床工学技士は生体モニタリングの他に圧記録、血液ガス測定、血管内エコー装置操作などを行います。
カテーテル治療風景
EPS時のポリグラフ操作

経皮的血管拡張術(PCI、PVI)

冠動脈・末梢動脈・腎動脈に狭窄がある場合、カテーテルを用いて狭窄部を風船で広げたり、削り取ったりします。当院ではバルーン・ステントの他に、レーザー・DCA・ロタブレーダーといったアテレクトミー治療が豊富です。急性心筋梗塞などに対する緊急治療も多いです。
臨床工学技士は生体モニタリングの他に血管内を計測・観察する装置(血管内イメージングモダリティ)の操作、緊急時バックアップ機器の準備、使用するワイヤやバルーン、ステントといった機材や治療戦略に精通し、治療を円滑に行う為の支えとなっています。
血管内エコー(IVUS)操作風景
血管内エコー(IVUS)操作

ペースメーカ・ICD植込み

ペースメーカー、ICD
徐脈性不整脈に対するペースメーカー、頻脈性不整脈に対するICD、心臓再同期療法用デバイス(CRTP、CRTD)の植込みが行われています。臨床工学技士は植込手術時の生体モニタリングの他にプログラマー操作、PSA操作、透視装置の操作(透視スイッチ以外)を行っています。

ペースメーカ・ICD外来

ペースメーカー・ICD外来
週に一度のペースメーカー外来・ICD外来にそれぞれ立会い、医師と共にプログラマー操作や問題の有無の観察などを行います。近年は家庭でモニタリングする機器も増えてきており、導入のお手伝いやインターネットを経由したPC上での観察業務も増えています。