予約センター025-281-6600(平日)
急患外来025-281-5151

臨床工学科

院内医療機器管理

医療機器管理室は救命センター、救命・循環器・脳卒中センターに隣接しており、重要な医療機器の拠点となっている他、トラブル時にも技士がすぐに対応出来るようになっています。また月に1度は各種装置の点検を行い、円滑に運用出来るように整備しています。

医療機器管理室

機器管理室

各種人工呼吸器、補助換気装置、高頻度振動換気装置(HFO)、補助体外循環(PCPS)、大動脈バルーンパンピング装置(IABP)といった緊急性のある装置、各種モニター装置及びケーブル類といった機器ををいつでも使える状態で置いてあります。
 吸器用回路等の各種消耗品や備品を一元管理することにより、技士不在時でも効率よく機器の準備が出来ます。

機器管理室

輸液、シリンジポンプは病棟に定数配置すると共に、不足分を医療機器管理室より貸出します。各種医療機器の個体にはバーコードが付与され、貸出記録、修理点検記録は電子カルテ内システムに入力し、データベース化されています。

救命センター・脳循環器病センター呼吸器

センター呼吸器

ICU、CCUの人工呼吸器は医療ガスパイピング及び瞬時特別非常電源が天井より供給される事により、機器が接地しないシーリングペンダント式を採用しています。
また生体モニタと一体型となり、足元にケーブル類が這わずすっきりとしています。

センター呼吸器

生体モニタと共に呼吸器もオンライン化され、生体情報及び呼吸器の設定や呼吸情報が電子カルテと連動したファイリングシステムに自動的に経時記録されます。

院内医療機器管理の仕事

■ドクターカー点検
 
新病院では救急ステーションが併設された事により、ドクターカーが敷地内に常駐しています。
ドクターカー内での医療行為に不備がないよう、医療ガスボンベ、自家発電装置及び予備バッテリー、生体モニタの点検を定期的に行っています。
また、長距離患者搬送時の呼吸器用ガスボンベの必要数を計算して、必要物品のセッティングなども行います。
■高圧酸素治療装置
救命センター内に設置された高圧酸素治療装置の始業前点検及び定期点検をを行っています。
■AED管理
院内各部署に設置されているAEDのバッテリー管理、使用状況の確認及びデータ抽出を行っています。
■日常安全管理
院内医療機器安全管理の一環から、新機種の導入や危険情報の入手など、機会をみて院内の医療機器セミナーの開催、注意喚起の発信などを行っています。