予約センター025-281-6600(平日)
急患外来025-281-5151

臨床検査科

検体検査とは

血液検査

赤血球、白血球、血小板などの細胞成分の数とヘモグロビン値の測定、白血球の細胞分類を行っています。貧血や炎症、白血病の有無を調べます。細胞成分の異常やその原因を調べるために、骨髄穿刺検査やフローサイトメトリー検査を行います。血液の固まり具合などを調べる凝固検査では、出血性素因の有無を検査しています。
血液検査
血液検査                           骨髄穿刺検査

生化学検査

肝機能、腎機能、膵機能を検査しています。肝炎ウイルス、エイズウイルス等の感染症、腫瘍マーカー、甲状腺、性腺等のホルモンを検査しています。治験の検査もしています。
臨床化学自動分析室
臨床化学自動分析室

尿検査

尿の性状(糖・蛋白・赤血球・白血球など)検査や尿中の細胞、円柱、細菌の有無を調べる尿沈渣を検査しています。

便検査

大腸癌のスクリーニング検査として便の潜血(ヘモグロビン)を検査しています。

輸血検査

安全な血液を供給するための輸血関連検査、血液型・不規則抗体・交差適合試験を検査しています。
新生児溶血性疾患の検査や抗体保有者の抗体同定も検査しています。血液センターへ血液製剤を発注し、院内の在庫血の管理、輸血関連の感染症検査の管理、自己血の保存管理を行っています。
日本輸血細胞治療学会のI&A(査察と認証)を取得しています。
輸血室
輸血室

細菌検査

感染症を起こす病原微生物(病原性大腸菌、サルモネラ、結核菌)や真菌(カビ)の培養検査をします。
検出した病原微生物に薬が効くか薬剤感受性検査をし、適切な抗生物質についての情報を提供します。院内感染症対策にも重要な役割を担い、MRSAや多剤耐性菌に注意をはらい、必要な情報を院内に発信しています。
バイテック2