医療技術職員募集要項

募集要項

新潟市民病院では、政令市・新潟の中核病院として、救命救急・循環器病・脳卒中センター、総合周産期母子医療センターを設置するなど、重症・専門・救急を中心とした医療を行っています。
職務に共に携わる意欲と能力にあふれる職員を、このたび広く募集します。

採用職種

臨床工学技士、臨床検査技師、医学物理士、視能訓練士

受付期間・試験日程

受付期間

【電子申請・郵送】令和2年5月25日(月)~6月26日(金)
詳細は下記の「試験案内」をご覧ください。

試験案内・申込

5月25日から市民病院管理課、市民病院本館案内、市役所本館案内、区役所総務課等で差し上げています。郵送を希望する人は、返信用の長形3号封筒(あて名を記入し94円切手をはる)を同封し、封筒に「市民病院職員(免許資格職)採用試験案内請求」と明記し、下記申込先へ送付してください。
下記からダウンロード印刷も可能です。


【電子申請】電子申請についてはこちら

Interview ~ 市民病院の“業務内容”と“やりがい”


CE ~医療機器のプロとして~   臨床工学技士 内山 将吾

「機器を通して、患者さんを診る」入職3年目となった今日、日々の業務の中で忘れないよう心掛けている先輩の言葉です。医療機器のプロとして我々が扱う装置の先には常に患者さんがいるということを常に意識し、機器の適切な使用・保守点検・管理など日常業務を行っています。また患者さんの状態を見ながら医師や看護師等チームスタッフと連携を取りながら機器の操作を行い、安全な医療に貢献できたときにやりがいを感じています。
私生活では、平日はジムに通ったり、休日に友人と遊んだりとリフレッシュもしながら充実した日々を送っています。

さらなるスキルアップを   臨床検査技師 栃倉 葵

私が臨床検査科に入職して2年が経ちました。入職前の私は、これから始まる日々への期待と不安でいっぱいでした。特に不安だったのは夜間勤務です。夜勤では輸血検査や生化学検査などの様々な検査をすべて2人でこなさなくてはなりません。実際、夜勤をするようになってしばらくは、急なトラブルが発生すると1人では対応できず、先輩に助けを求めることもしばしばありました。ある程度1人で業務対応できるようになったときは努力の手ごたえを感じることができ、とても嬉しかったのを覚えています。
 現在私は血液検査部門で業務にあたっています。今後は認定資格の取得を目指してさらなるスキルアップに努めていきたいです。

放射線治療の縁の下の力持ち   医学物理士 高橋 春奈

当院の医学物理士としての役割は大きく分けて3つあります。1つ目は治療計画のサポートです。医療安全の観点から、医師が作成した計画のチェックを日常業務として行っています。また、転移性脳腫瘍や肺がんに対する定位放射線治療、及び乳がんの術後放射線治療の計画も立案しています。治療室スタッフによるカンファレンスでは治療計画及び患者情報の共有を徹底しています。2つ目は品質管理業務です。放射線治療品質管理士と協力して装置の定期的な精度管理と治療計画の検証作業を行っています。当院は測定機器が充実しており、目的に合った測定を高い精度で実施することができます。3つ目は機器のコミッショニングや新たな照射法のプロトコール作成です。時間のかかる作業ではありますが、スタッフと活発に意見交換しながらじっくり取り組める環境が整っています。
従来行っていました強度変調放射線治療は常勤放射線治療医が1名となったため現在休止していますが、治療医2名体制に戻り次第再開する予定です。

患者さん一人一人に合わせた検査   視能訓練士 高橋 知里

当院で働いて5年目になります。当院眼科を受診する患者さんは、小児から高齢者まで幅広く、基礎疾患から緊急性の高い症例まで様々です。眼の症状だけでなく全身疾患を伴う患者さんも多く、内分泌・代謝内科や神経内科、救急科などの依頼で検査をすることもあります。日々、信頼性のある検査結果を出すために患者さん一人一人に合わせた検査や対応、コミュニケーションを心がけています。また、年2.3回学会や講習会に参加し、スキルアップに努めています。難しい症例も多く、悩むこともありますが、検査結果が診断・治療に繋がったときはやりがいを感じます。

申し込み・問い合わせ先

新潟市民病院事務局 管理課
〒950-1197
新潟市中央区鐘木463番地7
電話:025-281-5151(内線3105)


受診予約
センター
TEL.025-281-6600[平日]
急患外来TEL.025-281-5151

〒950-1197 
新潟市中央区鐘木463番地7