感染制御室

当院では、適切な感染症治療が遂行されること、院内で不要な感染症の発生や感染症が広がらないことを目的に、院内感染対策委員会と、専門部門としての感染制御室を設置し、感染対策に取り組んでいます。

感染制御室の役割

感染症の治療および感染防止対策が適切に行われるためには、


  • 院内の抗菌薬使用状況や耐性菌検出、感染症の発生などについてのデータを集積し、分析する
  • 院内の感染症治療および感染防止における問題を発見し、改善策を検討する
  • 院内の職員への正しい知識、技術、改善策を指導し普及する

更に昨今、目的を達成するためには、地域の医療施設との連携や、地域の中小の病院、医療福祉施設へ感染防止対策の支援を行うことが重要と考えられており、


  • 地域の医療・福祉施設と連携し、感染症治療や感染防止対策の向上に努める

ことが必要です。
具体的に院内で実働する支援チームとして、感染制御室の職員のみならず各部門(医師、看護師、薬剤師、臨床検査技師など)のスタッフからなる抗菌薬適正使用支援チーム(AST)とインフェクションコントロールチーム(ICT)を結成し活動を行っています。
感染制御室は、これらの活動が速やかに行われるように企画、調整、最新の情報を入手し、支援を行い、活動を先導する役割を担っています。また地域の医療・福祉施設への支援の窓口となることも役割の一つです。感染制御室およびAST、ICTともに、決定機関である院内感染対策委員会の指示のもと活動が行われています。

感染制御室の職員

  • 医師3名:室長、感染症内科医師、外科系医師
  • 看護師2名:感染管理認定看護師(専従、兼任)
  • 薬剤師1名:薬剤師(専従)
  • 臨床検査技師1名:(兼任)
  • 事務職員1名:(兼任)
具体的な活動内容

  • 感染症治療薬(抗菌薬、抗真菌薬など)の使用の確認、介入
  • 血液培養陽性症例、耐性菌検出症例などの治療状況の確認、介入
  • 感染症におけるデータの収集、提出(注釈1)、フィードバック
  • 感染症法に基づく感染症発生届出の確認、支援
  • 感染症対策に関わる対策の検討、提案、起案
  • 感染対策に関わる指針、マニュアルの作成、改定
  • 職員への研修会の起案、開催及び必要事項の情報提供、啓発
  • 感染管理地域連携に関わる諸事の対応
  • 感染症診療における診療体制の調整、支援
  • 職業感染防止対策(針刺し体液暴露防止、結核予防対策、ワクチン接種など)

注釈1:手術における創部の感染(手術部位感染)や人工呼吸器に関係した肺炎、カテーテル挿入に関係した血流感染や尿路感染、そのほか院内で検出する耐性菌の動向、抗菌薬の使用動向などのサーベイランス(モニタリング)を行っています。一部のデータは、個人情報に配慮した上で、厚生労働省や各学会のデータバンクにデータを提供しています。

薬剤耐性(AMR :Antimicrobial resistance)対策について

近年、抗菌薬の不適切な使用を背景として、薬剤耐性菌が医療施設で増加する一方、新たな抗菌薬の開発は減少傾向であり、感染症治療において薬剤耐性菌の問題は大きな課題となっています。抗菌薬は未来に残すべき重要な資産であり、薬剤耐性菌対策は、国や県はもとより各医療施設でも共通の問題意識をもって取り組む必要があります。
当院においてもASTが中心となり積極的にその問題に取り組んでいます。抗菌薬の使用に関しては、「適切な薬剤」を 「必要な場合に限り」、 「適切な量と期間」使用することが強く求められており、適切な培養検査の実施や、カルバペネム系抗菌薬、抗MRSA薬の届出制や許可制、抗MRSA薬は血中濃度を測定して使用する、などの取り組みを施設のポリシーとして積極的に実施しています。

特殊な感染症への対応

当院は、日本で55ある第1種感染症指定施設の一つです。2014年に世界的な流行を起こしたエボラ熱や、今後発生が危惧される新型インフルエンザなどの新興感染症(注釈2)を収容する役割を持っています。また、第2種感染症指定医療機関でもあり、様々な感染症の患者様が収容される医療機関です。いつ発生するかわからないこれらの感染症を安全かつ適切な医療が提供できるように、日々スタッフの研修や体制の維持に努めています。

注釈2:新興感染症とは「かつては知られていなかった、新しく認識された感染症で、局地的に、あるいは国際的に公衆衛生上の問題となる感染症」と世界保健機構(WHO)が定義するもの。

患者さん、ご家族へお願い

病院は、多くの方が来られるところです。患者さんの中には、免疫力の低下で感染症を発生しやすい方がいます。患者さんをはじめ、病院へ来られる方を守るために以下の点にご注意をお願いします。


  • 発熱、咳、くしゃみ等の症状がある場合は、必ずマスクを着用してください。
  • 海外渡航後やご家庭や職場などで同じような症状(発疹、高熱、下痢、嘔吐)がある場合は、受診希望時にその旨をお伝えください。また、来院時にお近くの職員にお伝えください。
  • 受診以外で、体調の優れない方や、発熱や咳など症状がある方の面会目的でのご来院は遠慮ください。
  • インフルエンザなど感染症の流行期では、不急な面会はご遠慮ください。また患者さん本人やご家族の方に面会の制限やマスクの着用、手指消毒の実施などご協力をお願いする場合があります。

抗菌薬は、次世代に残さなくてはならない大事な感染症の治療薬です。先に記載したとおりAMR対策では、特に抗菌薬の適切な使用が重要とされています。抗菌薬は、医師の判断にて必要な時に、必要な量、必要な期間処方されます。抗菌薬が処方された場合には、飲み残しや他人への譲渡などは絶対に行わないようにお願いいたします。

多くの患者さんを守るために、ご理解とご協力をお願いいたします。

ICTチーム(感染管理チーム:インフェクションコントロールチーム)

  1. メンバー
    感染症専門医、感染管理医師(ICD)、感染管理看護師(ICN)や薬剤師、検査技師などの感染制御専門家(ICP)と現場のスタッフを中心に構成されています。
  2. 活動日
    定期的な活動として毎週火曜日と金曜日の午後にカンファレンスやラウンドを行っています。そのほか、問題の発生時やリスクの拡大などの必要に応じて随時活動を行っています。
  3. 活動内容
    院内での患者さんや家族、また職員に感染症が伝搬、発生しないように、現場のラウンド(巡視)やコンサルテーション(職員の相談)を通じて、感染防止における現場対応の問題点の抽出および改善を行っています。

また、職員一人一人が確実な感染防止対策を取れるように職員教育、注意喚起、啓発などを行っています。

ASTチーム(抗菌薬適正使用支援チーム)

  1. メンバー
    感染症専門医、感染管理医師(ICD)、薬剤師、検査技師、看護師を中心に構成されています。
  2. 活動日
    毎週火曜日と金曜日の午後にカンファレンスを行っています。そのほか、必要に応じて適宜活動を行っています。
  3. 活動内容
    感染症の治療に対して最大限の治療効果を導くと同時に、有害事象をできるだけ最小限にとどめ、いち早く感染症治療が完了できる(最適化する)ように支援活動を行っています。

受診予約
センター
TEL.025-281-6600[平日]
急患外来TEL.025-281-5151

〒950-1197 
新潟市中央区鐘木463番地7