予約センター025-281-6600(平日)
急患外来025-281-5151

リハビリテーション技術科

 

リハビリテーションとは

もともと社会的権利や資格の回復を意味する言葉ですが、一般的には脳卒中や老人病など、治療期間が長期にわたる方の生活や社会復帰などを援助するための技術や方法をさします。これらは理学療法士や作業療法士、言語聴覚士といった専門スタッフが担当しますが、患者 さんの生活の支援には看護師などの他部門スタッフやご家族などの協力が不可欠であり、この意味からチームアプローチが重要であるといわれています。

 当科のスタッフ数について

理学療法士(臨時・嘱託) 12人(1人)
作業療法士 5人
言語聴覚士(嘱託) 4人

認定・専門資格取得技師

  • 専門理学療法士(神経理学療法):剱物充
  • 認定理学療法士:剱物充(発達障害)、阿部未央(呼吸)
  • 呼吸療法認定士:柞山亜矢、剱物充、阿部未央、宮坂昭彦、稲月辰矢、豊木麻弓、酒井妙子、片野晶浩、武樋友美
  • 心臓リハビリテーション指導士:稲月辰矢、剱物充、宮坂昭彦、阿部未央、笠原勇太、伊藤明穂

 リハビリテーション技術科の業務概要

当院は救急指定病院であることから、主にけがや病気になられて入院してまもない患者さんに対して理学療法、作業療法、言語聴覚療法を行っています。併設センターである救命救急・循環器病・脳卒中センターや周産期母子医療センターに入院中の患者 さんも対象とすることが大きな特徴となっています。また、総合病院であることから、整形外科、神経内科、脳外科を中心に、小児科、呼吸器科、皮膚科など多くの科の患者さんに対して治療が行われています。