予約センター025-281-6600(平日)
急患外来025-281-5151

リハビリテーション技術科

 

作業療法(occupational therapy)の紹介

病気や事故を負った方々を対象に、今後生活をしていくために妨げになっている事柄(身体的・心理的・社会的な適応性等)を評価し、日常生活動作訓練を中心に、様々な作業活動を用いて治療、訓練を行います。「作業」は生きていくための必要な条件としてとらえ、「何かをしている、何かをして時間を占める」ということを意味します。生きていくための必要な条件としての行為(作業活動)とは、労働、日常生活上の行為だけでなく、趣味、遊び、創造活動など、人が人として生きていくために行うあらゆる活動を指します。それら全てが作業療法の治療手段であり、達成目標となります。
また障害があっても残された機能を最大限に活用し、日常生活動作や家事動作、仕事への復帰をめざした訓練、在宅障害者や家族に対する指導、援助も行います。

作業療法室風景作業療法室風景

 作業療法の流れ

1.主治医より依頼
2.状態の把握(評価)
3.治療・訓練

 評価

現在の状態を把握するために、以下のような評価・検査を行います。
身体機能身体全体の状態を調べます。麻痺の有無、手足の動く範囲
筋肉の力の程度、感覚の状態 等
精神機能理解したり、判断したりする状態を調べます。見ること、聞くこと、考えること、話すこと、覚えること 等
日常生活動作生活に必要な動作を調べます。食事動作、排泄動作、整容動作
更衣動作、入浴動作 等
発達チェック発達の遅れの有無を調べます。運動機能、精神機能、認知機能 等
その他個々の生活に応じ必要な行為を調べます。家事動作、仕事のこと、趣味のこと 等
これらを基に全体の状態を把握し、作業療法での治療内容を決定し訓練を行います。

作業療法で行う治療内容とは:

対象者の身体的・心理的・社会的な適応性等にあわせ以下のことなどを行います。
粗大運動、巧緻動作、協調動作などの基礎的活動身体全体の動き、手先の細かい動きなど
日常生活における個人的活動食事や着替え、洗面などの実際の動作など
生産的および職業的活動職業に合わせた必要な動作など
表現的および創造的活動手工芸などの趣味的な活動など
遊び、レクリエーション活動
認知的、教育的活動判断力や記憶力、学習能力など
なお、訓練は予約制になっており、月~金、決められた時間に行います。