予約センター025-281-6600(平日)
急患外来025-281-5151

小集団活動(平成27年度)

平成27年度小集団活動発表会
No 活動部署 テーマテーマ選定理由順位
チーム名
19階東病棟 みんなで進めよう退院支援
~退院支援スクリーニングを正しく評価しよう~
9階東病棟は内科の混合病棟である。入院患者の在院日数が長く、退院前カンファレンスも多く行っており、退院支援が看護師の重要な業務であるが、退院支援スクリーニング・アセスメント表が正しく入力・評価、再スクリーニングされていないため、退院調整加算の算定がとれていないことがあることから。
9階東病棟頑張り隊
2 検査・放科・急外 病棟患者のCT検査が安全に行える
~問診票の不備を減らす~
造影CTの検査を行う際には同意書と問診票が必要である。しかし、問診票に不備があると安全に検査をすることができないので、取り直しをしなければならない。これによって効率よくCTの検査が出来ないことに繋がっていた。
ようこそCT室へ
3循環器・脳卒中センター PPEの着用率100%をめざして 2009年より救命・循脳センターで医療関連感染発生率のサーベイランスを実施しました。厚生労働省の院内感染対策サーベイランス事業(JANIS)のデータと比較し、感染率の動向を調査した結果、全国平均と比較すると感染率が高く、はばらつきも大きいことから。
Professional(プロは)Perfect(パーフェクトな)Equipment(装着をする)
4 総合周産期母子医療センター(新生児科) 点滴ルートを理解しよう! NICUでは、院内統一の点滴ルートを使用していないため、点滴の作成に慣れない新人や異動者の混乱を招いています。 
当科の点滴ルートは接続する部品が多く、複雑です。また、普段の業務では長年の風潮で経験年数の長いスタッフが作成することがほとんどです。
経験年数に関係なく、スタッフ全員が複雑な点滴ルートについて理解し、作成できるようにするため。
3
チームNICU
5病理検査科 世代交代に伴う若手科員の検査能力の向上  病理検査は技術習得に時間がかかること、頻度は低いが習得必須の技術があることなどから、早い時期から若手科員の検査能力を向上させ、ベテラン科員が退職するまでに全ての業務の引き継ぎを完了する必要があることから。2
チームOY
6臨床検査科 生理室外心電図の不備を減らそう!! 生理室外心電図の処理とは、病棟で心電図を記録したもののデータを回収し、データとオーダーをくくりつけることです。これによって電子カルテで心電図を見て、診断を付けることができます。週明けの処理作業には1時間以上かかる日もあります。また、不備が多いと更に時間と労力を必要とします。そして、電話での問い合わせによって、検査に支障が出ることもあり、処理にかかる負担を減らしたい。
チーム生理検査
7医療情報部 サマリー処理業務の時間短縮  サマリー業務は「カルテ内の情報をデータ化(一元化)し統計に利用する」ことと「記載内容の整合性の確認により、情報の質を高める」ことを目的としています。
 サマリーには入退院情報、病名情報、手術情報、処置情報、病理検査情報などを入力します。手術が多い場合や、入院期間が長い場合など内容によっては処理に1時間ほどかかるものもあります。
 サマリーは職員が毎日処理を行っていますが、退院患者数に業務が間に合わず、2014年のサマリーも処理が完了していないのが現状です。このままでは未処理のサマリーがさらに溜まり、統計が取れないなど、業務に支障が出る可能性もあるため。
1
チームHIM
8経営企画課 事務のエラー0で 病院の信頼を保とう!  最近、経理上のミスが増えてきています。
 内容の分析を行い重要性、緊急度を勘案しながらエラー0を目指します。
 
TEAM S・A・N・O
9外来化学療法室 お待たせしません!すんなり入室すんなり点滴、
スタッフも楽々
お待たせ時間の短縮
 外来化学療法室では患者さんが来院されると採血をして、その結果が出ると診察となります。その結果、化療をするかどうか決定し、中にはさらに他科を受診したり検査を受けた後、受付2を経由し化療室前で待ちます。その後、入室し、腕に温罨法を行い、準備が整い次第穿刺となります。
 年々実施件数が増加していること、曜日によってばらつきがあること、午前10時前後に予約が集中し、患者さんをお待たせしていること、患者が集中することで、業務が煩雑となり看護師の負担感が大きくなっていることなどから。
 
ケモケモけもっぴぃ~