予約センター025-281-6600(平日)
急患外来025-281-5151

平成22年度決算概要

平成22年度の新潟市病院事業決算は、平成18年度以来4年ぶり、また平成19年度の新病院移転以降初の黒字決算となりました。
収支改善の要因として、収益の大幅な増収が挙げられます。入院、外来ともに患者延数が増加したことに加え、4月に実施された診療報酬改定が当院のような急性期医療を担う医療機関にとって追い風となり単価増となったこと、またDPC(診断群分類別包括評価)制度における医療機関別係数の見直しや新たな項目の算定等により、収益全体では前年度比12.9%の増となりました。一方の支出では、給与費や薬品費などの材料費、委託料等の経費に増加がありましたが、費用全体では前年度比7.5%増にとどまり、結果として黒字を確保することができました。
今後も地域の中核病院として高度な医療水準を確保し、患者サービスの向上に努めるとともに、収入の確保と経費の効率化により更なる健全経営を図りたいと考えています。
1.利用患者の動向  ( )は感染症患者 別掲
区  分 入   院 外  来 延患者数(人)
延患者数(人) 1日平均(人) 病床利用率(%) 延患者数(人) 1日平均(人)
平成22年度 (89) (0.2) (3.0)     (89)
223,555 612 93.9 257,051 1,058 480,606
平成21年度 (162) (0.4) (5.5)     (162)
214,890 589 90.3 252,753 1,044 467,643
差引増減 (73)         (73)
8,665 23 3.6 4,298 14 12,963
前年度比 (-)          
104.0% 101.7% 102.8%
2.経営収支(消費税抜き)
区  分 総収益 総費用 損益 総収益対
総費用の割合
(%)
金額
(千円)
前年度比
(%)
金額
(千円)
前年度比
(%)
金額
(千円)
前年度比
(%)
平成22年度 20,584,820 112.9 20,331,778 107.5 253,042 237.3 101.2
平成21年度 18,230,358 108.5 18,909,575 105.0 ▲679,217 56.1 96.4
差 引 2,354,462 1,422,203 932,259
3.累積欠損金
平成21年度累積欠損金 3,345,449千円
平成22年度純利益 253,042千円
平成22年度末累積欠損金 3,092,407千円
4.資金収支の状況
平成21年度末内部留保資金 3,808,420千円
平成22年度資本的収支補填財源 778,453千円
    減価償却費等内部留保 1,929,022千円
純利益 253,042千円
平成22年度末内部留保資金 5,212,031千円
5.年度別経営収支状況
年 度 収   益 費   用 損 益
決算額 比率 決算額 比率
昭和48 709,872 100.0 709,872 100.0 0
49 1,555,060 219.1 1,918,296 270.2 -363,236
50 2,103,234 296.3 2,526,711 355.9 -423,477
51 3,290,737 463.6 3,500,553 493.1 -209,816
52 3,876,713 546.1 4,018,383 566.1 -141,670
53 4,468,815 629.5 4,504,071 634.5 -35,256
54 4,731,049 666.5 4,977,720 701.2 -246,671
55 5,225,650 736.1 5,576,944 785.6 -351,294
56 5,549,966 781.8 6,058,836 853.5 -508,870
57 6,048,598 852.1 6,289,636 886.0 -241,038
58 6,263,772 882.4 6,513,663 917.6 -249,891
59 6,446,764 908.2 6,677,014 940.6 -230,250
60 6,873,228 968.2 7,071,098 996.1 -197,870
61 7,222,669 1,017.5 7,331,505 1,032.8 -108,836
62 9,234,354 1,300.8 9,760,926 1,375.0 -526,572
63 10,035,239 1,413.7 10,297,189 1,450.6 -261,950
平成1 10,495,736 1,478.5 10,874,546 1,531.9 -378,810
2 11,318,552 1,594.4 11,757,281 1,656.3 -438,729
3 11,769,916 1,658.0 12,329,645 1,736.9 -559,729
4 12,725,425 1,792.6 13,292,746 1,872.6 -567,321
5 13,500,925 1,901.9 14,251,733 2,007.6 -750,808
6 14,394,404 2,027.7 14,802,077 2,085.2 -407,673
7 14,740,372 2,076.5 15,139,719 2,132.7 -399,347
8 15,289,271 2,153.8 15,134,434 2,132.0 154,837
9 14,985,453 2,111.0 14,963,191 2,107.9 22,262
10 14,856,395 2,092.8 14,804,040 2,085.5 52,355
11 14,959,933 2,107.4 14,724,475 2,074.2 235,458
12 15,352,374 2,162.7 15,034,355 2,117.9 318,019
13 15,024,864 2,116.6 14,988,309 2,111.4 36,555
14 14,965,629 2,108.2 15,012,929 2,114.9 -47,300
15 15,536,660 2,188.7 15,070,846 2,123.0 465,814
16 14,916,822 2,101,3 14,835,866 2,089.9 80,956
17 15,338,854 2,160.8 15,216,986 2,143.6 121,868
18 15,502,072 2,183.8 15,169,183 2,136.9 332,889
19 15,953,706 2,247.4 16,948,569 2,387.6 -994,863
20 16,799,371 2,366.5 18,009,427 2,537.0 -1,210,056
21 18,230,358 2,568.1 18,909,575 2,663.8 -679,217
22 20,584,820 2,899.8 20,331,778 2,864.1 253,042
1.比率は昭和48年度を100としたすう勢比率
2.昭和48年度から昭和54年度までの間の健康保険新潟病院の事業収支は含めていない。
6.経営分析表
分 析 項 目 算      式 
1.固定資産構成比率(%) 75.8 固定資産構成比率
2.自己資本構成比率(%) 21.3 自己資本構成比率
3.固定比率(%) 354.6 固定比率
4.流動比率(%) 361.5 流動比率
5.当座比率(%) 358.7 酸性試験比率
6.現金預金比率(%) 192.4 現金預金比率
7.総資本回転率 0.6 総資本回転率
8.自己資本回転率 2.7 自己資本回転率
9.固定資産回転率 0.7 固定資産回転率
10.流動資産回転率 3.1 流動資産回転率
11.未収金回転率 5.8 未収金回転率
12.減価償却率(%) 6.5 減価償却率
13.総資本利益率(%) 2.0 総資本利益率
14.総収益対総費用比率(%) 101.2 総収益対費用利率
15.医業収益対医業費用比率(%) 101.3 医業収益対費用比率
16.利子負担率(%) 2.0 利子負担率
17.不良債務比率(%) ▲27.5 不良債務比率
18.患者1人当たり診療収入
  ・入院(円) 63,622 患者1人当たり入院診療収入
  ・外来(円) 13,969 患者1人当たり外来診療収入
19.患者1人当たり薬品費(円) 4,345 患者1人当たり薬品費
20.投薬薬品使用効率(%) 114.5 投薬薬品使用効率
21.注射薬品使用効率(%) 60.2 注射薬品使用効率
22.診療収入に対する割合
・投薬注射収入(%) 7.7 診療収入に対する投薬注射収入
・検査収入(%) 5.8 診療収入に対する検査収入の割合
・X線収入(%) 5.1 診療収入に対するX線収入の割合
注:算出方法に用いた数値は,「地方公営企業決算状況調査」による。